大好きなモノと暮らす

ミーツさん

「自分らしく 大好きなモノと暮らす。」
そんなすてきなフレーズの特集が入っているのは「京阪神/ミーツ・リージョナル 8月no,266号」。
どうやら明日発売のようです◎
(背景は、belleで以前ご紹介した店主の大好きなモノのひとつ。)

belleの歩みと共に、商品とも出逢いを重ねてくださっている方の縁を、載せてくださいました。
少し変わった視点でのご紹介に、「もしも私に家があったら…」と、特集のフレーズに思いはせてみました。

ブリキ?の筒。医療器具をリメイクしたテーブル。観劇椅子。印判のお皿…ときりがありません。

でもでも、

この彫刻が昔から

とてもとても

気になって

これは揺れない想いのようです 笑。


オレンジ色の彫刻

大好きなモノと暮らす生活、それは日々を照らしてくれるささやかで、でも強いひかりのようなものだと、感じてなりません。

Filed under: できごと — kobayashi 4:27 PM  Comments (0)

天体運行原理説明器

Filed under: 商品紹介 — tokita 2:53 PM  Comments (2)

暖房器具

毎日蒸し暑い日が続いておりますが
belleに陶器製の懐炉が(気軽に持ち運べるサイズではないのですが)
入荷しました。

今年の冬支度を考えていらっしゃる
気が早い方、是非に。

Filed under: 商品紹介 — tokita 4:39 PM  Comments (0)

背丈くらべ?

背丈くらべ?

一人暮らしの食卓。
そんな生活が長いせいか、友達のシェアハウスや実家に寄せてもらった時の食卓はとてもにぎやかに感じたりします。
食卓に招いてもらったお手伝いにとご飯をよそっていると、「これ僕のお茶碗じゃないねん、だから分量ちゃう…」。そんな台詞を発端に、「じゃあみんな自分で自分のに盛ろうー♪」という結論になっ事があったり。

「そのお箸は_」「この湯飲みは_」「このお皿は_」。
暗黙に「これはみんなのお皿」なんてのもあります。

今日は、この器をみていたら、そんなことがふと思い出されたのでした。
賑やかすぎない色合わせに、背丈くらべしているかのような絶妙なサイズ感。背丈比べをしているみたいです。前述した要素に実際そんなふうに「自分の!」なんて決めても楽しいかもしれません。

でももちろん、そっと器に触れて ピン!ときたモノを連れて帰られても。
それも特別な出逢いのようで素敵です。

belleに重ねて置いてある器があったら、やさしく持ち上げてみてください◎同じようにみえて、実は! なんてことはいつもなんです。
梅雨で気分がゆらゆらしたりしますが、そんなすてきな出逢いが心をふわりと優しくしてくれますように。

Filed under: 商品紹介 — kobayashi 5:23 PM  Comments (0)

骨董と今生けるモノ

ドライフラワーを生ける

以前、壁掛けできる花瓶に生花を生けてbelleの入り口に飾っていたと聞いたのは、スタッフになってから。(確か花瓶が割れてしまったのだとか…。)

そんな話を聞いたりしながらもここに居て気がついたのは、草木がいつもあること。
お客さまが庭の花をわけてくださったり、belleギャラリーで飾った花を「まだ元気だから」と置き土産をしてくださったり。
ドライフラワーになった草木が定番の店内ですが、たまにそんな理由でふわりと生花がやてくると、眠っていた器の美しささえもが甦るようです。

さて、そんなことをふわふわ思いつつ、いつものようにパソコンにかじりついていると、後ろで何やら動きが。
ちょうど後ろに置かれた大鏡と”点滴台”。そこに私が勢いだけでかけたドライフラワーを、店主が丁寧に生けていたのです。
「こんな枝はこんな特徴があって、で…」

骨董もbelleで第二の物生を歩むモノが多くありますが、草木もまた 同じなのですね。

この”点滴さん”も大きな長い仕事を終えて、暗闇からパッと目が覚めたときには、いきなりbelleで 笑。きっとびっくりくらくらしていたのかな、なんて。

お店でゆっくり、出逢いを待っております◎

Filed under: 商品紹介 — kobayashi 5:28 PM  Comments (0)